ビートレーディング

ビートレーディングの手数料は相場と比較して安い?2社間ファクタリングの場合は?

ビートレーディングの手数料

ビートレーディングのファクタリングサービスを検討しているけれど、手数料が何%くらいかかるのか気になりますよね。

相場と比較して高いのか?安いのか?

ビートレーディングの手数料についてまとめました。

ビートレーディングの手数料は何%?

ビートレーディングでは、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類の契約形態があり、それぞれ手数料の設定が異なります。

  • 2社間ファクタリング:5%〜(平均10〜20%)
  • 3社間ファクタリング:2%〜(平均2〜9%)

ビートレーディングの2社間ファクタリングの手数料

ビートレーディングの手数料 5%〜 (平均10〜20%)
相場 10〜20%程度

2社間ファクタリングとは、申込者とビートレーディングだけでファクタリング契約を交わす方法です。

取引先にファクタリング利用の事実を知らせずに行う事ができ、取引スピードが早く条件次第で即日入金も可能ですが、未回収リスクが高めで登記が必要な場合もあり、手数料が高めに設定されます。

ビートレーディングの公式サイトによると、下限が5%となっており、上限は公開されていませんが平均すると相場通りのようです。

公式サイトで公開されていた事例では、中小企業が相手の180万円の売掛金をファクタリングした場合で、手数料は事務手数料等すべて込みで14%だったそうです。

少額取引の場合は、15〜20%程度を見込んでおいた方が良さそうです。

ビートレーディングの3社間ファクタリングの手数料

ビートレーディングの手数料 2%〜 (平均2〜9%)
相場 1〜9%程度

3社間ファクタリングとは、申込者・売掛先企業・ビートレーディングの3社間でファクタリング契約を交わす方法です。

売掛先企業に債権譲渡通知(ファクタリング利用の通知)を行い、売掛金が売掛先企業から直接ファクタリング会社へ支払われるようにする契約です。

取引先にファクタリング利用が通知される上、契約にも時間がかかりますが、手数料が安く済み、申込者は売掛金をファクタリング会社に振り込む手間もありません。

ビートレーディングの公式サイトによると、下限が2%〜となっており、平均すると相場通りのようです。

ビートレーディングの手数料について知っておきたい事

ビートレーディングの手数料について知っておきたい事をまとめました。

具体的な手数料は審査を通して見積もりを取らないと分からない

ビートレーディングの具体的な手数料は、審査を通して見積もりを取るまで分かりません。

ファクタリングの手数料は会社ごとに独自に設定されていますが、2〜20%といったようにかなりの幅があるのが普通です。

案件ごとに売掛先の信用等を審査してリスクを考慮した上で、手数料を何%にするかが決められるため、審査を通さないと正確な手数料が分からないのです。

これはビートレーディングに限らず、どこのファクタリング会社でも同じです。

ビートレーディングの見積もり(審査)は無料で、書類提出から最短30分〜、「通帳」「請求書」を用意すれば申込みできます。

掛け目から手数料を引いた額が振り込まれる

ビートレーディングとファクタリング契約を交わすと、掛け目から手数料を引いた額が振り込まれます。

「掛け目」とは売掛金のうち、買い取り対象となる金額です。ファクタリングでは、売掛金が全額振り込まれないリスクを想定して、全体の約7〜9割程度が買取対象となるのです。

掛け目(売掛金の約7〜9割)ー手数料=調達金額

例えば100万円の売掛金で2社間ファクタリングを申し込み、審査の結果、買取条件が掛け目80%・手数料15%と提示された場合、

80万円(買取対象)ー12万円(手数料 80万×15%)=68万円(調達金額)

契約後に、68万円が口座に振り込まれるという事です。

買取対象外となった20万円は売掛金振り込み後にファクタリング会社から返還されるので、最終的に手元に残るお金は68万円(調達金額)+20万円(返還されるお金)=88万円です。

例:100万円の売掛金をファクタリング(掛け目80%・手数料15%の場合)↓

  • 調達金額=68万円
  • ファクタリング会社に払う手数料=12万円
  • 最終的に手元に残るお金=88万円

100万円の資金調達が必要な場合、100万円の売掛債権で申し込んだのでは足りません。

別の売掛債権を合算して申し込みすれば、100万円の資金調達も可能です。

手数料の内訳は?

では手数料の内訳はどうなっているのでしょうか?

ファクタリングの手数料には、ファクタリング会社の利益でありリスク回避の備えでもある買取手数料(基本手数料)のほか、契約の事務手続きにかかる費用や出張した場合の交通費などが含まれています。

  • 買取手数料(基本手数料)
  • 振込手数料
  • 出張交通費
  • 印紙代
  • 登記費用
  • 司法書士への報酬

ただし、契約の形態・申込者の属性・契約方法により、内訳は変わります。

ビートレーディングの手数料はリピーター割引の可能性がある

ファクタリング会社の中には、利用回数を重ねるごとに信頼が増すことから手数料が少し安くなる会社と、何度利用しても変わらない会社があります。

継続して利用する事を考えているなら、リピーター割引がある会社がいいですよね。

ビートレーディングでは、他社からの乗り換えや2回目以降の利用時には、手数料が少し安くなる可能性があります。

最短30分で買取金額&手数料を提示!まずは無料見積もり

ファクタリングの手数料は案件ごとに異なるため、各社で実際に見積もりを出してみないと分かりません。

ビートレーディングでは、無料見積もりを取る事ができます!

「通帳」「請求書」があれば、最短30分のスピード審査で買取金額や手数料が分かります。

実際に利用するかは見積もりを見てから判断すればOKなので、まずはWEBから申し込んでみてはいかがでしょうか?

関連記事
ビートレーディング
ビートレーディングで最短・即日資金化する方法!必要書類や条件まとめ

「今日、明日にも、まとまった資金が必要になった!」という時、売掛金を現金化できるファクタリングは便利ですよね。 即日入金できるファクタリング会社を探しているなら、ビートレーディングはオススメです! 中 ...

続きを見る

-ビートレーディング